求職の流れ

 

 

 

ステップ1 自己の意志の確認

まずは転職への自分の強い意志の確認です。

本当に自分に転職が必要なのか、家族にコンセンサスはとれているのか(配偶者がいる方は配偶者の同意は不可欠です)、どんな職業につきたいのか、転職の時期はいつが適切か、などしっかり確認してください。

ステップ2 人材紹介会社への登録

人材紹介業者に登録します。

人材紹介業者は、いろいろなタイプがあります。

求人会社をネットで紹介するだけで求職者が個人で応募するタイプ、カウンセラーやヘッドハンターなどが介在して履歴書・職務経歴書を添削してアドバイスしてくれるタイプなどです。

弊社は2番目のタイプの会社です。

後は求職者の年齢や一定の職業に強い会社など、自分にとって適切な人材紹介会社を選択してください。

ステップ3 人材紹介会社との面談

人材紹介会社とは、電話かメールで面談日を設定することになります。

退職理由、志望職種・企業、経歴、スキル、自分の強みなどを言えるようにしておいてください。

お勧めは、自分の学生時代からの経歴を書き出し、前職での担当部署、どんなことをやったのか、何に興味があったのか、培ったスキルなどを記述する方法です。

こうすると自分が気づかなかったスキルを意外に持っていることに気がつくことがあります。

企業との面接にも有効ですので、是非、試してみてください。

当社では、この段階で事前に提出していただいた履歴書・職務経歴書について添削して、書き直していただくようお願いしています。            

ステップ4 求人会社との面接

面接では、特に転職の動機や人間関係、これからの展望について詳しく聞かれる傾向がありますので、十分にアピールする準備をしておいてください。

また、転職先の企業のどんな所に魅力を感じたのか、志望動機を掘り下げておくことも重要です。

簡単なテストがある場合もあります。

ステップ5 合格の可否

電話、メール、手紙等でご本人に宛てて合否が伝えられます。

合格したならば、健康診断書の提出や事前研修などが必要な場合もありますので、会社の指示に従ってください。